Events & News

スピリチュアルな研究

最新のニュース

My Dear Divine Europe Students
3月 05, 2010

My Dear Divine Europe Students,

Concerning the misusing of the content of Swami Kaleshwar’s name, I am personally and heartfully hiring Tobias Gonschorek and Tatyana Gonschorek as responsible for Europe. I’m charging them to check anybody who is doing any seminar, workshop, or healing using Swami Kaleshwar’s mission and name.

All types of students, before they are giving workshops, seminars, or sending flyers, newsletter, or articles, please consult with my staff Tobias and Tatyana. I heartfully support you whatever you are doing for the globe and the mission. No matter what I will stay with you, but try to check with me or my staff. It needs to get approved first, then you can take further action.

Don’t take as a personally, but it’s Swami Kaleshwar and Shirdi Sai Global Trust’s mission. Heartfully and lovingly I am asking all of the European students for your cooperation and support.

Your loving Swami for ever and ever, all my love and blessings.

Please send your approval requests to europe@kaleshwar.org

100年に1度のシバの満月のプロセス
10月 30, 2009

「神はあなた以外の何者でもない。あなたは神以外の何者でもない。ースリ・カレシュワーラ*

11月1日、日曜日の夜、ペヌコンダよりスワミは世界中の生徒達に向けて初めての世界規模の電話会談を行いました。アメリカ合衆国、ヨーロッパ、日本の電話会議システムに繋がり、何千人もの人々がスワミの話を聴くために世界中から電話を掛けました。スワミは「私達は今100年に1度しか訪れない最もパワフルな満月のエネルギーの中にいます。」と仰いました。明日夜から始まり3晩の間、スワミはペヌコンダで巨大なろうそくに火を灯します。そのろうそくの火の波動が、プロセスの間、全ての魂に伝達されます。「それは、コンシャスネス(意識)レベルであなたの魂に美しく命中するでしょう。」スワミはペヌコンダからプロセスの面倒をみます。「これは私の生徒達に対する最大の贈り物です。」

電話会談の録音音声を聴く

電話会談の講義録はこちらからご覧頂けます

You need to upgrade your Flash Player.

You need to install an updated version of Adobe Flash Player in order to listen to this audio file. Please visit the Adobe Flash Player download page to download the latest version.

プロセス

11月2日に始めて、続く5日間の間、最低1マーラ(108回)、最高で1時間から2時間、スカイマントラを唱えなさい。これは、一気に、中断なしで、邪魔されずに行わなければなりません。1日のうち何時でも良いです。

スカイマントラ
Om Lingastakam Needum Punyam
Yaha Patay Shiva Sani Dhow
Shivaloka Mavapnotee Shivayana Sahamogatay

You need to upgrade your Flash Player.

You need to install an updated version of Adobe Flash Player in order to listen to this audio file. Please visit the Adobe Flash Player download page to download the latest version.

「もしこの5日間唱えれば、あなたが人生においてどんな種類の問題、どんな種類の病気を抱えていても問題なくなるでしょう。」

この満月の間は、

  1. エゴを一切失くすこと。–「私がこれをした、というのは止めること。エゴを止めること。神の恩恵なくしては、たとえあなたがヒーローであっても、あなたは何もない存在なのです。」
  2. 疑わないこと。
  3. 赦すこと – 赦して、赦すこと。
  4. 忍耐 – 待つこと。
  5. 愛すること。

「1日をポジティブに始めて、1日をポジティブに考えて終わりなさい。その日をポジティブに考えて眠りなさい。ポジティブに、ポジティブに、ポジティブにいなさい。そうすれば人生がポジティブに変わるでしょう。不必要にネガティブに考えないようにしなさい。」

あなたの他のプロセスは何であれ続けて下さい。

チャンドラナディの伝授 in レイトンヴィレ
10月 17, 2009
View Photos from Chandra Nadi initiation
View Photos from Chandra Nadi initiation

「あなたの魂とコンシャスネスを強くするためのプロセス、あなたの周りに人生における純粋な至福を創造するためのプロセスです。あなたはこの地球における最高で最強の神聖なスピリットになり、自分の魂を扱う必要があります。自分の魂とマザーの性質を美しい方法で扱う必要があります。それがチャンドラナディプロセスの恩恵です。」

2009年10月17・18日、カリフォルニアのレイトンヴィレにある the Church of Divine Lineageでスワミは世界で初めてチャンドラナディプロセス(月のプロセス)を伝授しました。

固い決意を持った360を超える人々が開催場所であるお寺まで山を越えはるばるやってきました。この他150人の人々が自宅からこのイベントに遠隔で参加しました。開催場所の土地は非常に献身的なセバチームの面々によって何週間・何日間かの短期間で整備されました。開催日の5日前、開催場所の辺りは4インチもの大雨が降り、週末まで雨が続く予報でした。皆がサンカルパンを持ち一生懸命仕事をして、テントが立てられました。おがぐずが散りばめられ、非常用のベニヤ板が敷かれました。そしてなんと天候が安定し、伝授が行われるのが可能になりました。素晴らしいワースツーの息をのむほど美しい土地と、そして勿論殆ど全てスワミの恩恵によって、全てが可能になりました。

2日間に渡ったこのイベントは、インド・ペヌコンダのアシュラムからスワミにより全ての点において周到に準備されました。プログラムは土曜日の朝始まり、参加者達が大きなテントの下に集まり、電話を通じてスワミの挨拶と新しい教えを聴きました。ペヌコンダでは夜になり電話の接続が4回途切れたのにも関わらず、スワミはチャンドラナディプロセスについての古代の知識を伝え、インドとレイトンヴィレとで同時進行するプジャについての細かい指示をすることができました。レイトンヴィレでダッタトレーヤ像からのアラティの炎がお寺の幅7フィートの新しい炉に運ばれたのとぴったり同じタイミングで、そこから地球を半周回ったペヌコンダのスワミの炉で明るく燃え上がった火の周りで僧侶がベーダのマントラを唱え始めました。この声はレイトンヴィレでのプジャに音声中継が入り、この地球でのこれらの2つのパワースポットからのエネルギーを強く交わらせました。そしてスワミがマントラを唱える声が北東の谷にこだまし広がり、皆がその声を聞きました。伝授が始まったのです。スワミは、「最高のチャージとディチャージが 今日この炉で始まった。」と述べられました。

その夜は永遠のように感じられた夜でした。チャンドラナディプロセスが月が全く見えない新月という一ヶ月で最も暗い夜に引き続き行われるにつれて、神のミステリーは明白になりました。空に星が出ているのが見えましたが、すぐに厚い雲がかかって見えなくなってしまいました。その夜の暗さは、クリスマスのライトやディーワーリーを祝うためのキャンドルで照らされ、暗闇に対する光の勝利を祝っている明るいお寺とは対照的でした。生徒達は丘を降りたところにある炉に行き、炉で轟々と燃える火の側で夜瞑想しました。

皆1つの神聖な大家族のようにテントで一緒に眠りました。ペヌコンダのアシュラムでいるような感覚を思い起こさせるようにババの朝の歌の音がスピーカーで流れると、皆起きて、肌寒く霧のかかった夜明けを迎えました。皆ゆっくりと食事のテントに向かい、温かい紅茶と朝食でその日を始めました。セバチームは全員、一生懸命働き、お互いに協力し、スワミの度重なる計画の変更と天候の変化を“スポーティー” に受け入れました。

その日スワミはチャンドラナディヤントラを出されました。大きなテントの下に皆集まり、ヤントラを描きました。そして自然の中に各々広がり、瞑想して自分のヤントラをチャージ(充電)しました。地上にヤントラを置き、温かい太陽の光を顔に受けながら、北東の湖の周りで皆3時間瞑想しました。その間そのテンプルの犬のラクシュミが嬉しそうに散歩をして回っていました。素晴らしい平和と静寂が辺りに広がりました。

世界中に広がるように向けられた炎に火を灯すように、チャンドラナディプロセスは火を灯されたのです。

スリ・カレシュワーラが洪水被害救済の為に250万ルピーを寄付
10月 03, 2009 infrastructure charity

Courtesy of The New Indian Express

スピリチュアリストでシルディサイグローバルトラスト議長のスリカレシュワーラは洪水被害救済の為に250万ルピーを寄付しました。スリカレシュワーラは今日シバサイマンディールにて、 Apcoを受取人とした120万ルピーの小切手をペヌコンダ代理人のtahsildar K Seshuに手渡しました。

寄付されたお金で手織りの織物が洪水被害者の為に購入されます。これに加えて130万ルピーの小切手も代理人 tahsildarに手渡されました。サイカレシュワーラはそのお金で必要不可欠な日用品を購入し、洪水被害者達に配布する様に州のお金の受取人に強く促しました。

スーリヤ・ナディ・プロセス in アメリカ
9月 02, 2009
スーリヤ・ナディ・の伝授のビデオと写真を見る
スーリヤ・ナディ・の伝授のビデオと写真を見る

スワミはこの3年間アメリカに行きませんでした。しかし、8月初旬のスイスでのイベントの際、彼がアメリカに行くための「ドアが今開いている」 と述べられ、アメリカの生徒達に1夜のイベントの準備をするように言いました。アメリカのセバ・チームは、わずか3日間でアメリカの土地に再びスワミを迎えるという素晴らしい歴史的な機会のための準備をしました。

それはスワミにとって嵐のような旅でした。最初にバチカンを訪れ、そこがインドとどのように関連しているかを示す証拠を見てから、スイスそしてフランクフルトに行き、最後にアメリカ合衆国カリフォルニアのレイトンヴィレに行きました。72時間を切った中で、アメリカのセバ・チームはレイトンヴィレでのイベントの準備のために昼夜を通し働きました。この間、スワミはアメリカの生徒達と何回か電話会談をしました。彼はアメリカに行き、スーリヤ・ナディ・プロセスとチャンドラ・ナディ・プロセスという2つの段階のプロセスのうち1つを与えるという愛に溢れたサンカルパンを放ちました。

2009年8月16日、260名を超えるアメリカの生徒達がレイトンヴィレのthe Church of the Divine Lineageに集まり、スリ・カレシュワーラの貴重なダルシャンを待ちました。このイベントで、スワミはこれらの2つのプロセスの重要性について話し、「この惑星に2つのプロセスがある。1つはスーリヤ・ナディ、そしてもう1つはチャンドラ・ナディだ。スーリヤは太陽、チャンドラは月だ。これらの2つのナディ— SoHam(ソーハム)。私達は息を吸って吐く。」 続けて彼は、「人生で頭痛がするようなことをたくさん経験しているなら、息を吸って吐くということを通じてディチャージする方法を知ればネガティブなカルマから守られる。」と述べました。「呼吸には、それほどの大きな力が潜んでいるのだ。あなたのエネルギーのチャクラの全ての部分が息を吸って吐くことに関連しているのだ。」

スワミは、これらの2つのナディ(チャンネル)が魂の中で適切にバランスがとれていなければ、それらが人生においてどのようにネガティブな影響を与えうるかについて詳しく説明しました。「それはあなたを乱し続ける。スーリヤ・ナディー息を吸うことを通じてそのような乱れを吸収するのだ。たくさんのイリュージョンを吸収し、それによってあなたはうつになるだろう。」

プログラムの間、全ての魂の中の光を目覚めさせ、ヒーリング能力をもたらし、マザーに繋げるために、スワミはスーリヤのホーマ(火のプジャ)を行いました。「スーリヤ、太陽のエネルギーは全ての創造物の偉大な創造主に他ならない。そのエネルギー、そのエネルギーの閃光が私達の中にある。私達の中のその閃光を強く目覚めさせるのだ。いったんそれが強くなれば、イリュージョンもうつも胸の張り裂けるような思いももうなくなる。」 と、このプロセスの恩恵について説明しました。スーリヤ・ホーマに加えて、スワミは特別なサンダルウッド・ペーストを用いて、パワフルなシャクティパットによるエネルギーの伝達を行いました。

マザー、ファーザー、グル・パランパラの恩恵の下、スワミはこう述べられました。「スーリヤ・プロセスを行ったなら、次の段階はチャンドラ・プロセスだ。私の予定はビッグボスであるババ、ジーザス、マザーにあなたを繋げ、あなたのスピリチュアリティをできるだけ早く完成させることだ。あなたはババ・ダルシャンやジーザス・ダルシャンを得るかもしれないーどこにあなたがいるかは関係なく。」

スワミはアメリカに魂の医師として行き、巨大なエネルギーを伝達し、神とマザーに対して永遠にハートを開け、地球上での強いヒーラーとなるように生徒達を目覚めさせました。「私の一番大きな使命は、この惑星であなた達を強いヒーラーにすることだ。私は、この惑星においてジーザスよりも素晴らしい、信じられないようなことをあなた達に行ってもらいたいのだ。」 とスワミは述べました。

この伝授の後、スワミはレイトンヴィレのプログラムの出席者全員に、特別なサンダルウッド・ペーストを用いてスーリヤ・ナディ・プロセスの伝授を他の人々にする許可を与えました。これに対しては圧倒的な反響がありました。アメリカで800人を超える人々が単独でプロセスを始め、同様にヨーロッパではおよそ600人がプロセスを始めました。これは神聖な稲光の如く広がっています。

スワミは2009年10月17、18日にカリフォルニア・レイトンヴィレに再度行き、次の段階であるチャンドラ・ナディ・プロセスを完成させる予定です。

© 2005-2019 Shirdi Sai Global Trust •  お問合せ先 •  プライバシー・ポリシー