Charities - Educational Support

Charitable Works
選考の結果、教育奨学金を授与されることになった若い女性達
選考の結果、教育奨学金を授与されることになった若い女性達

自分の学業に集中して、社会における最高の人材となりなさい — より良い教育を通してのみ人は自分の国にとって最高の国民になる事ができます。

チャリティー活動 – 教育支援

こちらもご覧下さい

本当に救いを求めている人には手を差し伸べなさい。しかし、彼らを自立させるようにも努めなさい。それがもう一つの概念です。

例えば、大酒飲みや、何らかの中毒患者のように、信じ難いほど意欲が低下した人達を私はたくさん見てきました。あなた方は彼らの意欲が向上するよう、彼らに本当にやる気を起こさせなければなりません。落ち込んだ人々を立ち直らせなければなりません ― そうです。あなた方はそうするでしょう。あなた方なら出来ます。希望を与えるのです。

あなたを本当に信頼し、あなたの元を訪れる人々に、希望を与えなさい。それこそがあなたの与えうる真の人生なのです。
Sri Kaleshwar

教育支援プログラム

知識は富です。知力・創造性・才能のある多くの青少年が経済的な理由により、自らを生かす機会に恵まれていません。2008年、SSGTと議長のスリ・カレシュワーラは『教育支援プログラム』を立ち上げました。この奨学制度を通じて、数百名の学生に対し、教育課程履修に必要な期間中の経済的援助が行なわれています。

奨学金は審査の上、数千人の志願者の中から最も前途有望で最も経済的に恵まれない子供達に支給されます。奨学金受給者には彼らにとって最も重要な11標準学年と12標準学年の間、教育費が支給されます。

このプログラムの第一段階にかかる総費用は25万ドル(1千万ルピー)を超え、今後2年以内には3倍に増加する見込みです。次の目標は来学期に更に1千人以上の学生に資金援助を行うことです。

最初の奨学生となった学生たちの一団に、スリ・カレシュワーラはスピーチの中で次のような言葉を送りました。

新工科大学

Sri Krishna Devaraya大学への寄付
Sri Krishna Devaraya大学への寄付
新しい工科棟建設の視察
新しい工科棟建設の視察

SSGTの最高責任者スリ・カレシュワーラは、2007年アナンタプールのSri Krishna Devaraya大学に新たな工科棟の建設費用として総額60万ドル(2500万ルピー)以上の寄付を約束しました。この寛大な寄付により、大学は教育課程を拡張できるようになり、入学許可を求めて待機しているより多くの貧困層の学生の入学が認められるでしょう。

SSGTは才能ある学生達が貧困を理由に学ぶことができないのは、才能の最大の損失であると考えています。社会を構成する者たちが将来発展するか否かはその子供達の教育にかかっています。このような十分な連携がなければ、才能は無駄になってしまうでしょう。才能と教育によって、子供たちと社会の未来双方に対して持続するポジティブな結果が生み出される機会をこのプログラムは与えています。2008年7月22日、完成した建物の竣工式においてスリ・カレシュワーラは次のように述べました。

「我が国だけではなく、世界中のあらゆる地域で、青少年が学生生活を送ることへの意欲をなくし、バーやレストランやガソリンスタンドで働いているのを見て、私(スリ・カレシュワーラ)は、工学を学びたいと希望する貧しい学生のために、工科大学建設への寄付を思い立ったのです。」

教育支援に関する記事

子供達の明るい将来のためにきちんとした進路を設けること
6月 19, 2009 education charity

Courtesy of Sakshi Paper

2009年6月4日、地元のシバ・サイ・マンディールにて、スリ・サイ・カレシュワーラは子供たちがテルグ語のアルファベットを学べるように、大規模小学校プログラムの設立に着手しました。

スリ・サイ・カレシュワーラは子供たちの明るい未来を保証するため、我が子が十分な教育を受けているかどうかを確認することこそ、親の責任であると述べています。スワミは、しかしながら、あまりにも多くの親たちが自分の子供を、十分に教育を施された市民ではなく、児童労働者として扱っていると言います。

スリ・サイ・カレシュワーラはガバメント・カレッジが提供する重要な役割について語りました。ガバメント・カレッジを発達させ、コーポレート・カレッジと同じ教育水準に達するように必要な措置を講じなければならない、と話しました。

スワミは、親たちに子供たちをガバメント・カレッジに通わせるよう奨励し、そこで学んだ多くの学生たちが現在、海外で高収入を得て責任ある仕事に就いていることに特に言及しました。

名誉副知事 Praveen Kumar 氏はその会合の場において、学生は皆学校に通い、中途退学することなく教育課程を修了すべきであると述べました。中途退学者の割合を低くおさえるのは彼の部署の責務であるとし、地域内でこれがサポートされているかどうか職員が確認すると述べました。

この時、スリ・サイ・カレシュワーラは大規模なAKSHAARABHYAASAMプログラム (アルファベット学習プログラム)を彼の娘 Navyasri と500名の学齢児童と共に始めました。参加者は彼の妻 Sri Mati Shilpa Kaleshwar、Nagi Reddy 議長、 Bhaskar Reddy氏 および Jagadish氏、シバ・サイ・マンディールからの追加スタッフに加えRoddam村の教育監督官諸氏、( Sri Ramalingam Reddy)、ペヌコンダおよび Somandapalli mandal 村の教育監督官諸氏。

サイ・カレシュワーラ・テクノロジー・バワンの竣工式
6月 22, 2008 education charity

Courtesy of Eenadu, Sakshi, Surya, Andhrajyoti, Andhrabhumi, Andhraprabha, Vartha

見るにはクリック
見るにはクリック
見るにはクリック
見るにはクリック

スリ・サイ・カレシュワーラ氏は2008年6月21日、Sri Krishna Devaraya大学の新しい工科大学の建築の竣工式を行いました。それはサイ・カレシュワーラ・テクノロジー・バワン(Sai Kaleshwar Technology Bhavan)と名付けられた。この新設大学への寄付の総額は50万ドルに上ります。

竣工式後スリ・カレシュワーラは聴衆に向かって演説し、インドの学生たちに、 インド国内で教育の目標を追求し、勤勉でいて、時間を厳守し、国家に奉仕するよう鼓舞しました。さらに彼は多くの国々の青少年が脇道にそれ、バーやレストランやガソリンスタンドでの単純労働に従事し、学生生活に対する意欲を失っていると言いました。

スリ・カレシュワーラはこうした信念から、勉強して絶対にエンジニアになるという強い気持ちを抱いている貧困層の青少年たちがその機会が得られるよう、この工科大学を創りたいと思ったのです。

この行事には、副学長 Aathoti Rama Rao 氏、高等教育事務局長 Krishna Reddy 教授、工科大学学長 Sai Baba Reddy 氏、シルディ・サイ・グローバル・トラストのメンバー、その他が参加しました。

M.C.A修習生への経済支援
6月 07, 2008 education charity

スリ・カレシュワーラはM.C.A (マスターオブコピュータアプリケーションズ)を修習する貧しい女子学生のための経済支援を行ないました。シルディ・サイ・グローバル・トラストから寄付金が支払われました。

トラストのメンバーの Nagi Reddy 氏および Bhaskar Reddy 氏から女子学生が勉学を続けるのに必要な額が供与されました。

Ananta Animutyalu ― 優れた貧困学生への支援
6月 02, 2008 education charity

Courtesy of The New Indian Express, Eenadu, Vartha, Sakshi, Surya, Andhrabhumi, Andhrajyoti, Andhraprabha, Andhrabhumi

見るにはクリック
見るにはクリック

2008年6月1日、シバ・サイ・マンディール。最も貧しい100ヶ所の村出身の最優秀生徒250名が栄誉を手にし、教育奨学金プログラム(Ananta Animutyalu)を受けることになりました。どの学生も皆桁外れの成績を修めて10学年を終了しており、この計画を通じ2年間の奨学金を受け取ります。

スリカレシュワーラは学生たちへのスピーチの中で、最高成績を獲得した3名の学生に挨拶しました。さらに良い成績を収めた事について全ての学生を称讃し、希望するどのコーポレート・カレッジにも彼らは入学できるだろうと述べました。スワミはまた、これらの学生を自分と同等に扱い、医者・エンジニア・ソフトウエア技術者、あるいは何であれ彼らが就きたい職業に就ける様に全面的に援助すると述べました。

この教育奨学金プログラムを受けるこれらの学生には総額20万ドル以上が2年以上に渡って支給されます。250名以上の学生が選出され、13校以上の様々なコーポレート・ジュニア・カレッジが関わります。授業料・教科書代・下宿代などの総経費がシルディ・サイ・グローバル・トラストを通じスリ・カレシュワーラから支払われます。

スワミは、干ばつ地帯出身のこれらの貧しい学生たちがより良い教育を受けるためのお金を幾らでも出すつもりであると述べられました。スワミは全学生に向かって、自らの学業に集中し、社会において最高の人材になるようにと励まし、より良い教育を通じてのみ人は国にとって最高の国民になることができます、と仰いました。

スワミはまたこれまでの10年間、貧困層の優秀な学生を支援し続け、彼らの目の中に大きな幸福が宿るのを見てきたと述べました。また、私立学校ではなく公立校出身のこれらの才気溢れる100名の学生たちを見て同じ幸福を感じると述べられました。

R.D.O(Revenue Development Officer)はスワミが貧困層の優秀な学生に対し、高等教育の支援を行っていることを称賛し、生涯誰もこの支援のことを忘れないだろうと語りました。この教育奨学金プログラムは県知事Sreedher氏によって始められたもので、氏の望みは、全県の貧困層の優秀な学生がより良い教育を受けられるように支援することです。

スリ・カレシュワーラはR.D.O政府職員 Nageshwar Rao 氏、 Thasildar’s (Mandal Revenue Officers) 、その他教育機関の職員達と共にこの企画に参加しました。

このイベントにはシルディ・サイ・グローバル・トラストのメンバーの Nagi Reddy 氏、 Vijayabhaskar Reddy 氏、13校の短期大学の特派員、その他が出席しました。相談に訪れた全員に食べ物が提供されました。

スワミは優秀な生徒がIITに通うのを支援されました
5月 30, 2008 education charity

Courtesy of Vartha, Adhra jyothy, Andhra prabha, Sakshi, Surya

見るにはクリック
見るにはクリック

Akkili Sureshは貧困家庭に生まれました。父親のAkkili Sri Ramulu氏は家族を養うためにアナンタプール県のAtmakur村で炭酸飲料の販売をしています。彼の一家は貧しいですが、父親はAkkili Sureshに卒業まで学業を続けるよう強く言いました。

最近Akkili SureshはMSc(P.G) マスタ・オブ・サイエンス (修士コース)入学試験のために、インドのIIT(インド工科大学)が管轄している共通行政テストを受けました。これはインド国内で最も権威ある大学の一つです。

この入学試験でAkkili Sureshは全国規模で行われた全てのテストのランキングで61位を獲得しました。この結果彼は、IITカレッジ(インド工科大学)の中のMSc(P.G)マスタ・オブ・サイエンス (修士コース)の数学科の入学資格を得ました。

Akkili Sureshはこの熾烈を極めた試験に合格したものの、2500ドル相当の学費の支払いを求められていました。

家庭は貧しく授業料を納めるゆとりはなかったので、父親はスリ・カレシュワーラのもとを訪れ、権威あるIITに入学できるよう支援を求めました。スリ・カレシュワーラはすぐに承諾し、彼の2年間の大学修士課程の全学費を寄付しました。

Akkili Sureshは夢を実現してもらったことに対して、スリ・カレシュワーラに深く感謝し、思いやりのある寛大な行為を決して忘れまいと誓いました。

© 2005-2017 Shirdi Sai Global Trust •  お問合せ先 •  プライバシー・ポリシー