Charities - Medical Assistance

Charitable Works
ナヴィアスリ眼科診療所で行われる無料眼科手術
ナヴィアスリ眼科診療所で行われる無料眼科手術

病気で飢えている人にマントラやプロセスを教えることはできません。無意味です。そんな人々はひとかけらのパンと少しの医薬品などを必要としています。彼らに奉仕するように努めなさい…それはテルグ語でマダヴァ・セバ、バガワン・セバと言います。

チャリティー活動 – 医療援助

こちらもご覧下さい

無料診察所に並ぶ人々の列
無料診察所に並ぶ人々の列

無料医療キャンプ

医療検診・診断・治療を無料提供する事によって、SSGTは多くの病気に取り組み治療してきました。直接の介入と予防教育によってアンドラプラデシュ州内及び周辺の村の全体としての健康基準が向上しています。これらの集団診療が行われている間、ドイツ・オーストリア・アメリカ出身の西洋人の医師達が地元の政府の医師達と協力し、SSGTの使命を支えるために時間を割き奉仕をしました。

ナヴィア・スリ眼科診療所

手術を受けた患者達とその家族と話すスリカレシュワーラ
手術を受けた患者達とその家族と話すスリカレシュワーラ

2001年からSSGTはインドの貧しい村人達のために無料の医療眼科キャンプを運営しており、その年の11月、数多くの眼の疾患に苦しむ1000人以上の患者達に手術を行いました。患者達全員に食べ物・宿泊施設・移動手段・眼鏡が無料提供されました。

2007年、SSGTの支援によってナヴィア・スリ・眼科診療所が設立されました。SSGT設立の議長であるスリ・カレシュワーラの娘の名前にちなんで名付けられたこの地域初となる眼科診療所です。白内障などの様々な眼の疾患の根絶と予防のための最高水準の手術を提供することがこの診療所の目標です。

今まで何千例もの手術が行われ、診療所は眼の健康のために必要なケアを数多く提供しています。必要不可欠な医療機器・救急車・手術施設・サポートスタッフが提供され続けており、そうでなければ適切な処置を受ける金銭的余裕がない人々の増え続ける需要を満たしています。設立後、クリニックは2倍の大きさに拡大し、最初の18ヶ月で手術数は大幅に増えました。

設立時からスリ・カレシュワーラは、患者達や医師達の移動や緊急時に必要となる乗り物・救急車・ミニバスを個人的に寄付し続けています。病院が拡大し必要性が増しているため、眼科診療所の成長を支える為に追加の乗り物の寄付が計画されています。

HIVの子供達

近年SSGTとその議長スリ・カレシュワーラは、HIVウイルスに感染した子供達を救うためにクルシ村開発協会など複数の機構に対して必要な支援を多く提供しています。栄養のある必要な食べ物と医療支援を多く提供し、SSGTはインドで増加しているこの問題の支援を続けています。この病気に対する永久的な治療法はまだ発見されていませんが、ウイルスに感染した人々の支援を継続し、その究極的な治療法の探求を続けています。これらの子供達に面会した際、スリ・カレシュワーラはこのように述べられました:

恐ろしい病であるHIVに苦しんでいる人々を助ける為に一人一人が一歩踏み出し、彼らを幸せにして、彼らに自信を持たせなければなりません。また、私達は彼らが神の方を向く様に手助けをしなければなりません。そしてHIVに感染した人々への福祉を行いこの恐ろしい病を根絶するための最低限の責任を私達は負わなければなりません。」

シルディサイ医療複合病院

シルディサイ医療複合病院の設計原図
シルディサイ医療複合病院の設計原図

アンドラプラデシュ州政府との協力において、国際的医療複合病院を設ける為にペヌコンダ村の中の土地がSSGTに寄付されました。インド・アンドラプラデシュ州においてこの病院は最高水準の専門施設を持つ病院の一つとなるでしょう。第一局面は既に着手されており、これには医療要員・看護士・インターン・医師達の教育訓練のためのその他の複合施設も含まれています。

このプロジェクトのための総費用は2000 万ドルであり、既にチャリティー組織から国際的支援を受けており、アメリカ・ヨーロッパ連合・アジア諸国から著名な医師や社会指導者が参加しています。

医療援助に関する記事

シルディサイグローバルトラストによる大規模のヘルスキャンプ
9月 25, 2006 medical charity
Sri Kaleshwar Examines Medicine
Sri Kaleshwar Examines Medicine
Dr. Clint Thompson, American doctor
Dr. Clint Thompson, American doctor
Free Meals Were Provided
Free Meals Were Provided

_2006年8月6日、シルディサイグローバルトラストは必要な人々に対し無料医療キャンプを行いました。これはスリ・カレシュワーラの西洋人の生徒達によって資金提供されました。およそ3000人に医療検査・薬・食べ物が無料提供されました。この診療所は、貧しい人々に対して常に提供される医療診療所の設立に向けた最初の第一歩でした。以下は Andhra Jyothi新聞の記事です。 _

2006年8月6日・日曜日、シバ・サイ・マンディール・アシュラムの設立者スリ・カレシュワーラは、 Rama Bhadralayam Templeにおいて無料医療キャンプを発足させました。アシュラムのトラストであるシルディ・サイ・グローバル・トラストがこのキャンプを運営し、キャンプでは医療検査・薬・食べ物がおよそ3000人に提供されました。

スリ・カレシュワーラは群衆に向けてこのメッセージを送られました。「人間に対する奉仕は神に対する奉仕です。」スワミは、このプログラムはスリ・シルディ・サイ・ババの祝福によって運営されたと述べられました。彼は「適切な健康がなければ、富があっても役に立ちません。全ての人間は親切心を育み、貧しい人々と必要な人々に自分の所得から分け与えなければなりません。現在私達の州ではたくさんの人々が chikungunyaに苦しんでいます。だからこそ今私達は貧しい人々に無料治療と薬を配給しているのです。」

シルディ・サイ・グローバル・トラストの役員である Paul Aryeh氏は、無料診療所はスリ・カレシュワーラの指導の下設立されたと述べられました。インド内外から医師達が参加しました。Gurumurthy医師,、Neelema Reddy医師、Vanaja医師、Chandra Moulliswar Reddy医師 (ハイデラバードから参加)、Clint Thompson医師 (アメリカ合衆国)、Thomas Bissinger (ドイツ).。そしてシルディ・サイ・グローバル・トラストの議長 S. Nagi Reddy、Raviとスリ・カレシュワーラのアシュラムから15名の生徒達も参加しました。

© 2005-2020 Shirdi Sai Global Trust •  お問合せ先 •  プライバシー・ポリシー