Charities - Medical Assistance

Charitable Works
ナヴィアスリ眼科診療所で行われる無料眼科手術
ナヴィアスリ眼科診療所で行われる無料眼科手術

病気で飢えている人にマントラやプロセスを教えることはできません。無意味です。そんな人々はひとかけらのパンと少しの医薬品などを必要としています。彼らに奉仕するように努めなさい…それはテルグ語でマダヴァ・セバ、バガワン・セバと言います。

チャリティー活動 – 医療援助

こちらもご覧下さい

無料診察所に並ぶ人々の列
無料診察所に並ぶ人々の列

無料医療キャンプ

医療検診・診断・治療を無料提供する事によって、SSGTは多くの病気に取り組み治療してきました。直接の介入と予防教育によってアンドラプラデシュ州内及び周辺の村の全体としての健康基準が向上しています。これらの集団診療が行われている間、ドイツ・オーストリア・アメリカ出身の西洋人の医師達が地元の政府の医師達と協力し、SSGTの使命を支えるために時間を割き奉仕をしました。

ナヴィア・スリ眼科診療所

手術を受けた患者達とその家族と話すスリカレシュワーラ
手術を受けた患者達とその家族と話すスリカレシュワーラ

2001年からSSGTはインドの貧しい村人達のために無料の医療眼科キャンプを運営しており、その年の11月、数多くの眼の疾患に苦しむ1000人以上の患者達に手術を行いました。患者達全員に食べ物・宿泊施設・移動手段・眼鏡が無料提供されました。

2007年、SSGTの支援によってナヴィア・スリ・眼科診療所が設立されました。SSGT設立の議長であるスリ・カレシュワーラの娘の名前にちなんで名付けられたこの地域初となる眼科診療所です。白内障などの様々な眼の疾患の根絶と予防のための最高水準の手術を提供することがこの診療所の目標です。

今まで何千例もの手術が行われ、診療所は眼の健康のために必要なケアを数多く提供しています。必要不可欠な医療機器・救急車・手術施設・サポートスタッフが提供され続けており、そうでなければ適切な処置を受ける金銭的余裕がない人々の増え続ける需要を満たしています。設立後、クリニックは2倍の大きさに拡大し、最初の18ヶ月で手術数は大幅に増えました。

設立時からスリ・カレシュワーラは、患者達や医師達の移動や緊急時に必要となる乗り物・救急車・ミニバスを個人的に寄付し続けています。病院が拡大し必要性が増しているため、眼科診療所の成長を支える為に追加の乗り物の寄付が計画されています。

HIVの子供達

近年SSGTとその議長スリ・カレシュワーラは、HIVウイルスに感染した子供達を救うためにクルシ村開発協会など複数の機構に対して必要な支援を多く提供しています。栄養のある必要な食べ物と医療支援を多く提供し、SSGTはインドで増加しているこの問題の支援を続けています。この病気に対する永久的な治療法はまだ発見されていませんが、ウイルスに感染した人々の支援を継続し、その究極的な治療法の探求を続けています。これらの子供達に面会した際、スリ・カレシュワーラはこのように述べられました:

恐ろしい病であるHIVに苦しんでいる人々を助ける為に一人一人が一歩踏み出し、彼らを幸せにして、彼らに自信を持たせなければなりません。また、私達は彼らが神の方を向く様に手助けをしなければなりません。そしてHIVに感染した人々への福祉を行いこの恐ろしい病を根絶するための最低限の責任を私達は負わなければなりません。」

シルディサイ医療複合病院

シルディサイ医療複合病院の設計原図
シルディサイ医療複合病院の設計原図

アンドラプラデシュ州政府との協力において、国際的医療複合病院を設ける為にペヌコンダ村の中の土地がSSGTに寄付されました。インド・アンドラプラデシュ州においてこの病院は最高水準の専門施設を持つ病院の一つとなるでしょう。第一局面は既に着手されており、これには医療要員・看護士・インターン・医師達の教育訓練のためのその他の複合施設も含まれています。

このプロジェクトのための総費用は2000 万ドルであり、既にチャリティー組織から国際的支援を受けており、アメリカ・ヨーロッパ連合・アジア諸国から著名な医師や社会指導者が参加しています。

医療援助に関する記事

Free Eye Camp At Lepakshi Town
5月 27, 2008 medical charity

Courtesy of Surya, Sakshi, Vartha, Andhrajyoti, Andhrabhumi, Eenadu

Another free eye camp for the poor was organized at Lepakshi town by Navyashree Eye Hospital staff. More than 150 persons got their eyes checked up at this camp. At this camp, 45 persons were found needing eye operations as soon as possible. All those 45 people were provided free transportation, food, medicines, accommodation and spectacles by Navyashree Eye Hospital.

Dr.Sudarhsan gave treatment to all the people who came for this eye camp. Others also participating in this camp included: Navyashree Eye Hospital manager – Mr. Ramanna, CPI leaders Mr. Shivappa, Smt. Sampurnamma, Mr. Suresh babu, Asst. Sub-Inspector Mr. Mallikarjuna and others.

無料眼科キャンプが Nalla Cheruvu村を救う
5月 18, 2008 medical charity

スリ・サイ・カレシュワーラ・スワミの財政援助の下、無料眼科キャンプが Nalla Cheruvuの村で開催されました。周りの村の人々もこのキャンプで目を治療してもらうことができました。25名が目の手術が必要な深刻な状態でした。医師達は彼らを、眼科手術が全ての患者に対して無料で行われているペヌコンダのナヴィアスリ眼科病院に連れて行きました。これらの貧しい村人達には薬・移動手段・食べ物・宿泊施設・眼鏡も無料で提供されました。

スリ・カレシュワーラが視力を失った子供を救う
4月 16, 2008 medical charity

Courtesy of Surya

Click to View
Click to View

不慮の事故により、ママタという名前の小さく無邪気な若い女の子が視力を失いました。ママタは当時たった3歳でした。友達と遊んでいる時に彼女の目に棒が突き刺さり、眼球が傷付いたのです。ママタの両親はとても貧しく、彼女に治療を受けさせるには途方もない努力がかかりました。他人からお金を借りて、彼らは Bangalore、Anantapur,、Kurnool 、Puttapartiへと旅して回りました。それでも彼らは娘に適切な治療を受けさせる事が出来ませんでした。治療費がとても高額だったのです。

ある木曜日、ママタの両親が彼女を連れてペヌコンダにやって来て、シバサイマンディールでスリ・サイ・カレシュワーラと会いました。彼らは娘がどれほど目の問題でずっと苦しんでいるかを直にスワミに見せました。彼女の苦しみを見て、スリ・カレシュワーラは大変同情し、すぐにナヴィアスリ眼科診療所の医師達を呼びました。彼はスタッフに少女の症状の面倒を直ちに見る様に求めました。

その少女はペヌコンダの Islapuram村に住んでいます。スリ・カレシュワーラはママタに心配しない様にと言い、彼女の人生を大きく好転させるであろう手術の費用を捻出しました。

その少女の両親はとても貧しく、そして娘の治療を必死で求めていたため、スリ・カレシュワーラは同情して躊躇いなく全ての必要な援助をされました。

その少女の両親は、娘の手術に必要なもの全てを提供して娘に新しい人生を与えてくれたことについてスリ・サイ・カレシュワーラに対し深い感謝の気持ちを表しました。

彼らは大変感謝しており、この親切はこれからの人生の間決して忘れないし、スワミが彼らの家族に与えてくれた本当の祝福を常に覚えています、と述べました。

HIVの子供達のための栄養食の配給
4月 09, 2008 medical hunger charity

Courtesy of Eenadu, Andhraprabha, Surya, Sakshi, Andhrabhumi, Andhrajyoti, Vartha

ご覧になるにはクリックして下さい
ご覧になるにはクリックして下さい

スリ・カレシュワーラは今年4月、ペヌコンダにおいてHIV感染の子供達に栄養食を配給しました。この慈善の機会にスワミは「この恐ろしい病に苦しんでいる人々を助ける為に一人一人が一歩踏み出し、彼らの人生を幸せにして、彼らに自信という感覚を持たせなければなりません。また、私達は彼らが神の方を向く様に手助けをしなければなりません。私達は責任を持ってHIVに感染した人々の福祉を行い、この恐ろしい病を根絶しなければなりません。」と述べました。

また、彼は「人々は知って、又は知らずに過ちを犯すでしょう。その過ちがこれらの子供達にとって致命的となり、子供達の将来を暗くしてきたのです。」と述べました。

このプログラムはクルシ村開発協会によって執り行われました。スリ・カレシュワーラはこの協会に対して金銭面での全援助を行ってきています。協会の会長である Ramnjanayulu氏はスワミの親切な財政支援に対して感謝の言葉を述べられました。プログラムにはBhaskar Reddy 氏(シルディサイグローバルトラスト役員)、Young India Project, Women’s’ Welfare Trust,その他 の前会長Bedi 氏などが出席されました。

Hindupurでの無料眼科キャンプ
3月 03, 2008 medical charity

Courtesty of Andhraprabha, Andhrajyoti, Vaartha, Surya

Click to View
Click to View

無料眼科キャンプはHindupur にあるナヴィアスリ眼科病院によって運営されました。地元のM.L.A.である Ranganayakulu氏が主賓として招待されました。彼はスピーチの中で、スリ・カレシュワーラが、経済的困窮のために自分の目の治療の為に個人病院には行くことができない貧しい患者達のために無料眼科キャンプを行っていることを褒め讃えられました。 また、Ranganayakulu氏はスリ・カレシュワーラが貧しい人々の生活の向上のために行っている他のチャリティー活動についても賛辞を贈られました。

このイベントには、CPI リーダーの Dada Peer氏、 Suresh Babu氏、 K.T. Srinivasa Reddy氏、 Hiundupurの地方自治議長 Anil Kumar氏、ナヴィアスリ眼科病院のマネージングディレクターKonka Mallesh 氏、 マネージャーRamanna氏、その他の方々が出席されました。

Konka Mallesh氏はスピーチで、この無料眼科キャンプはスリ・カレシュワーラの財政支援の下行われている事を述べ、この無料眼科キャンプをその他の場所にも拡大するつもりであると述べられました。

この中で67名が目の手術が必要な深刻な状態で、ペヌコンダのナヴィアスリ病院へと移されました。スリ・カレシュワーラは、ナヴィアスリ眼科病院に代わり、寛大にも全ての移動手段・食べ物・宿泊施設・薬・眼鏡を提供されました。

© 2005-2018 Shirdi Sai Global Trust •  お問合せ先 •  プライバシー・ポリシー