Student Experiences

生徒達の体験談

タイヤの修復とジーザスの分かち合い by E.A.

私は今オクラホマ市にいて、私の状況は本当に変わりました。スワミの生徒の一人に「あなたは五大要素の講習会をしなければなりません。」と言われたので、私はスピリチュアルな雑誌である Natural Awakenings Magazineに掲載されている人々に電話を掛け始めました。私はヨガ・スタジオに連絡していて、それは独り歩きし始めています。私はメッセージを残したり、eメールを送ったりして人々に電話を掛け続けています。

ここオクラホマ市のスピリチュアル・コミュニティは何が起こるのかとてもわくわくしています。昨日私に会いたいという人から電話があり、結局3人の新しい魂達がサットサンガに来ることになりました。私がこれらの人々に会ったのは初めてでした。私達は歩いて木々の下に座り、話をしました。私は知識を分かち合い、その後一人の女性が彼女の父親ががんを患っている事を話してくれました。エネルギーが私にJCの水を少し分けなければならないと教えてくれました。

そして彼女はこう言いました。「ところで、ジーザスがあなたの肩にいたわよ。」と。私は「どういう意味ですか?」と尋ねました。彼女は、通りの向こうにジーザスの美しく素晴らしい絵のある広場があると言いました。その後、私はそこへ行って、彼の足に触れてお礼を言いました。

かいつまんで話すと、私達がソウルユニバーシティを去る時にスワミが、エネルギーを一人一人の魂で消化するのに3年から4年かかり、それからエネルギーが私達に仕事をさせると述べられましたが、それは本当です!どこからともなく私に会う為に魂達が現れ、知識が出て来て分かち合われる様は本当に本当に素晴らしいです。本当に美しいです。

1週間前、私は路肩でタイヤがパンクしたもののスペアを持っていなかった男性を助けました。彼はほんの少ししか英語が話せませんでした。私は彼がそのコミュニティの一員だと分かりました。私が彼を助けている間、用事で彼の車のトランクに行った所、そこにはジーザスの像がありました!私はジャッキで彼のタイヤを直してもらいに彼を連れて行きました。私達が帰って来る時、彼の感謝の気持ちとハートはとても —思い出しても鳥肌が立ちます— それはハトみたいにとても美しかったです。とても純粋だったということです。彼はとても幸せでとても感謝していました。私は帰る準備をしていました。そして彼は何をしたと思いますか?彼はトランクに行って、メキシコから持って来たばかりの彼の手塗りのジーザスの像を私にくれたのです。私は「本当にいいの?」と尋ねました。彼は「私はあなたにこれを持っていてほしいのです。あなたはこれを持つ事になっていたのです。」と言いました。

私は文字通り「仕事」の中に飛び込み、仕事をしています。私の他の仕事は終わりました。今朝私に電話があり、今週土曜日5人と会う予定です。昨日会った人々は、私に明日の朝サットサンガをしてくれるように頼んできました。そして彼らは、自分たちが知っているコミュニティの人々全てにこのサットサンガに来る様に言っています。私は「Oh my God、何が起こっているのですか?」と感じています。

© 2005-2017 Shirdi Sai Global Trust •  お問合せ先 •  プライバシー・ポリシー