Charities - Infrastructure Development

Charitable Works

するか死ぬかの覚悟で、あなたの周りにいる10人を感情面で、健康面で、孤児院や老人ホームなど何であれ、あらゆる点において守る様に努めることがとてもとても大切です…

チャリティー活動 – インフラの発達支援

こちらもご覧下さい

するか死ぬかの覚悟で、あなたの周りにいる10人を感情面で、健康面で、孤児院や老人ホームなど何であれ、あらゆる点において守る様に努めることがとてもとても大切です。 愛の輪を生み出しなさい。愛の輪…それが役立ちます。良いカルマ・サダンタにおいて、カルマの面でそうする事が私達の為になりますし、あなたの為になりますし、あなたの家族の為になります。

あなたの事は分かっています。あなたが忙しいという事は分かっています…でも彼らを助けなさい。地球は飢えています。何百万人もの人々が飢えていて助けを求めています。
Sri Kaleshwar

村を養うプロジェクト

2008年1月、SSGTのスリカレシュワーラはアナンタプール地方の100の村を養うという大胆な一歩を踏み出しました。これらの村には、生活し働く為の人道的・持続的な水道・道路・下水設備・電気などの基礎的なインフラがありません。地方の発展と社会水準のあり方を導く事がSSGTとその議長の目標です。このような一歩を踏み出す事により、多くの村がその共同体を発展させ経済的成長を遂げるために必要な基盤を与えられる事になります。

地元の道路と経済の復活

2008年1月、スリカレシュワーラとSSGTは $250,000 (1000万ルピー)をペヌコンダの村の18地区に影響を及ぼすペヌコンダ自治体の発展の為に寄付しました。セメントの道路が建設されました。

これに加えて、 $70,000 (300万ルピー)がこの地方の古い縮小された地域における「モデルマーケット」の開発の為に確保されています。この行為により切実に必要とされている下水・下水路設備が町に設けられます。スリカレシュワーラは、貧しい人々の為に特に有益となるコミュニティ結婚ホールの建設を約束しました。

高速道路の開発

ペヌコンダの山からの眺め
ペヌコンダの山からの眺め
街灯を寄付
街灯を寄付

2008年5月9日、SSGTの議長であるスリカレシュワーラは国道7号線からの延長としてペヌコンダへの道路を建設する為に地元政府に資金援助を行なう事を約束しました。これに掛かる費用はおよそ $545,000 (2190万ルピー)です。この道路はペヌコンダの山の頂上から建設され、山の頂上にある山の湖を繋ぐ橋も道路の一部となる予定です。建設終了後は、その道路は山の麓までの19カ所の地点から国道7号線へと繋がり合流します。

道路の為の街灯

2007年3月、42の村が、村の構築の為に役立つ街灯設備というインフラ発達支援をSSGTから受け取りました。これらの村は大変貧しく未発達であり、基礎的で必要不可欠なインフラ設備が今まで一度も設置されたことがありませんでした。

地方政府と共に行なう支援と開発

SSGTの方針は、地方・州政府と近接して活動し、彼らとの協力規範を維持する事です。これらの地方自治体の支援と、個人のチャリティートラストと政府の役人達の団結と協力により、これらのプロジェクトの殆どが長期間に渡り成功を収めています。 Sarpanchas(地方議員達)と仕事をする中で、スリカレシュワーラとSSGTは政府がスポンサーとなっているプロジェクトと開発に対して何千ドルも寄付をしています。

2008年4月17日、スリカレシュワーラは100の村の長をシバサイマンディールに呼び、彼らが村で直面している問題、特に飲用水の設備について報告書を提出させました。4月27日までに、複数の新しい井戸の掘削が完了しました。

インフラ発達に関する記事

スリ・カレシュワーラが洪水被害救済の為に250万ルピーを寄付
10月 03, 2009 infrastructure charity

Courtesy of The New Indian Express

スピリチュアリストでシルディサイグローバルトラスト議長のスリカレシュワーラは洪水被害救済の為に250万ルピーを寄付しました。スリカレシュワーラは今日シバサイマンディールにて、 Apcoを受取人とした120万ルピーの小切手をペヌコンダ代理人のtahsildar K Seshuに手渡しました。

寄付されたお金で手織りの織物が洪水被害者の為に購入されます。これに加えて130万ルピーの小切手も代理人 tahsildarに手渡されました。サイカレシュワーラはそのお金で必要不可欠な日用品を購入し、洪水被害者達に配布する様に州のお金の受取人に強く促しました。

お寺の音声放送システム
8月 28, 2008 infrastructure social charity

Courtesy of Sakshi, Eenadu, Surya, Vartha, Andhrajyoti

村長にマイクセットを配布
村長にマイクセットを配布

65の村々の寺にマイクセットが無料で配布された為、アンドラプラデシュ州に団結・思いやり・協力という美しいメッセージが伝わりました。この寄付はペヌコンダのスリカレシュワーラによって行なわれました。

スワミは演説の中で、このように述べられました。「平和と安定とスピリチュアリティがある所はどこでも、発達途上の100の村の寺の一部としてとても発展し幸福になるでしょう。地元地域の100の村々を発展させるという彼の新しいプロジェクトの一環として、地元のあらゆる宗教の寺が無料でマイクセットを受け取りました。既に65の村がこれらの贈り物を受け取りました。残りの村も間もなく新しいマイクセットを受け取る予定です。これらの新しいマイクを通じて、毎日、それぞれの村の全ての人々がお互いの間の全ての誤解を脇において神の方へと向き、 神の言葉を聞く事が出来ます。スピリチュアリティを育む事は、これらの村々で平和と協調を保つのに役立つでしょう。」

スワミの真心を込めた献身的な行動は彼が養っている100の村全てに対して行なわれます。スワミは、彼が養っている100の村のうち62の村が飲用水の施設を切実に必要としており、新しい井戸の掘削は完了し、水を汲み上げる新しいモーターと新しいパイプが全ての村に配布されたと述べられました。残りの村にも飲用水の施設が間もなく設置されます。

ペヌコンダの砦への道路建設
5月 09, 2008 infrastructure charity

Courtesy of Surya

ペヌコンダの山からの眺め
ペヌコンダの山からの眺め

2008年5月9日、SSGTの議長であるスリカレシュワーラは国道7号線からの延長としてペヌコンダへの道路を建設する為に地元政府に資金援助を行なう事を約束しました。これに掛かる費用はおよそ $545,000 (2190万ルピー)です。この道路はペヌコンダの山の頂上から建設され、山の頂上にある山の湖を繋ぐ橋も道路の一部となる予定です。建設終了後は、その道路は山の麓までの19カ所の地点から国道7号線へと繋がり合流します。

100の村の為に新しい井戸を設けるプログラム
4月 27, 2008 infrastructure charity

courtesy of Surya, Saakshi

村長から申し込みを受け取る
村長から申し込みを受け取る
掘削中の新しい井戸
掘削中の新しい井戸

2008年4月17日、スリカレシュワーラは100の村の長をシバサイマンディールに呼び、彼らが村で直面している問題、特に飲用水の設備について報告書を提出させました。

4月27日までに、複数の新しい井戸の掘削が完了しました。

次の複数の新しい井戸の完成を祝う火のプジャが行なわれ、シバサイマンディールから下記のスリカレシュワーラの信者達が出席しました:

Hari Krishna, Ramanjanaylu、Pragathi 銀行取締役 Subhadramma、MPTC Sri Ramulu氏、ペヌコンダからSurpanch、Anjanayaswamy Templeの方々。 これはTimmapuram村にて行なわれました。

ペヌコンダの開発
1月 29, 2008 infrastructure charity

courtesy of Andhraprabha

2008年1月、スリカレシュワーラとSSGTは $250,000 (1000万ルピー)をペヌコンダの村の18地区に影響を及ぼすペヌコンダ自治体の発展の為に寄付しました。セメントの道路が建設されました。

これに加えて、 $70,000 (300万ルピー)がこの地方の古い縮小された地域における「モデルマーケット」の開発の為に確保されています。この行為により切実に必要とされている下水・下水路設備が町に設けられます。スリカレシュワーラは、貧しい人々の為に特に有益となるコミュニティ結婚ホールの建設を約束しました。

© 2005-2017 Shirdi Sai Global Trust •  お問合せ先 •  プライバシー・ポリシー