The Ashram

スピリチュアルな研究

アシュラム

Shiva Sai Mandir
Shiva Sai Mandir

ペヌコンダは神聖なパワースポットであり、長い歴史の中で何千人もの聖者や神聖な魂達と関わり合いを持つ聖地です。クリシュナ・デヴァラヤというインド史上最も強大な王様が在位中ペヌコンダに住み、宮廷を構えていました。 デヴァラヤ王とそのお付きの偉大なリシ達が古代の英知を守護していました。

…古代英知の中枢地が今、スリ・カレシュワーラ ソウル・ユニバーシティという大学の形をとって再びこの現代に現れました。それは高度なスピリチュアリティのための訓練をする場です。
アシュラムの6階立てのアパート
アシュラムの6階立てのアパート

スワミ・カレシュワーラのアシュラムはこの古くからの聖地に建ち、デヴァラヤ王宮に隣接し、古代の砦の壁の内側にあります。この古代英知の中枢地がスリ・カレシュワーラ・ソウル・ユニバーシティという大学の形をとって再びこの現代に現れました。この大学は高度なスピリチュアリティのための訓練をする場です。神聖なパワースポットとして、アシュラム自体がユニークな「教室」となり、そこで古代のリシ達の知識が学ばれ、「実習」 —私達一人一人が得られる神の奇跡的な創造のエネルギーを実現する神聖な方式に基づいた神聖なプロセス— を通して試されます。

瞑想のためのテンプル、ドワルカマイ
瞑想のためのテンプル、ドワルカマイ

アシュラム全体を カレシュワーラ・ワースツー™に従って建築することにより、スワミはこの神聖な場所の驚くべきパワーと自然の美しさを増大させてきました。まさに、このアシュラムはワースツーの楽園です。:シルディ・ババとジーザスのそれぞれの美しいテンプルが入った雄大なシバ・サイ・マンディール。より高度なスピリチュアル・チャンネルを開くための神聖なプロセスに使用される瞑想のためのテンプル、ドワルカマイ。南と南西側にそびえる5階立てのアパート。北東にはアシュラム正門のすぐ内側に50フィートの噴水のある広い庭園があり、生徒達がそこで瞑想をしたり散歩をしたりします。これら全てが、多数の寺院と隠れた瞑想の洞窟があるペヌコンダの山のすぐ麓に鎮座しています。

最初は簡素なわらぶき小屋でしたが、今では素晴らしい巡礼施設になりました。ここで提供される高度なスピリチュアルな修行方法を通じて熟練する人々からの増え続ける需要を満たすために、アシュラムは成長し続けています。スピリチュアリティそのものと同様に、このアシュラムも常に成長を続ける創造物なのです。

1997年より世界各地から集まった生徒達は、この神聖なエネルギーを体験し、アシュラムで教えられている古代リシ達の神聖な知識の海に身を浸しています。多くの人々にとって、このアシュラムは個人的なパワー・スポットとなり、そこで神との関係をより深く探求し、自分自身が本当は誰であるのか、そしてこの惑星において自分が果たすべきことはいったい何であるのかを学んでいます。スピリチュアリティにおける博士課程にあたるこのカリキュラムは、世界を癒し世界に奉仕するのに必要な驚くべきヒーリング能力と悟りのチャンネルを呼び覚ますように作られています。今この時代において、素晴らしいヒーリングと奉仕が必要とされています。スワミは、その要求に応えることが自分の義務であり生徒達の義務であると述べています。

© 2005-2017 Shirdi Sai Global Trust •  お問合せ先 •  プライバシー・ポリシー