Sri Kaleshwar

スピリチュアルな研究

シルディババとの出会い

そのとき老人はカレシュワーラにある知識を明かしました。それから老人が托鉢を三回叩くと、腐っていたはずの食べ物が湯気を上げ、小さな寺院の中に美味しそうな匂いが立ち込めました。

カレシュワーラは一人で篭って学校の勉強をすることが好きでした。ある日、廃墟の寺院で試験勉強をしていると、老人が角に座って自分を観察していることに気が付きました。その老人は髭を生やし、頭には布を巻き、托鉢と杖を持っていました。老人が小銭をせがんだので、カレシュワーラは恵んであげました。翌日、カレシュワーラ少年が勉強に戻ると、そこにはまた老人が居て小銭を乞いました。3日目にも小銭を求められて、お金は持っていないとカレシュワーラは答えました。ところがその老人は「お前は50ルピー持っている。」と言いました。少年はポケットを手探りして、忽ち驚きました。50ルピー札を持っていたことを忘れていたのです。びっくりして「どうして分かったの?」と尋ねました。老人は「お前のことは分かるよ。」と微笑み、「本当だよ。」と言いました。

そして、老人は托鉢から腐った食べ物を少年に差し出しました。カレシュワーラは顔をしかめて言いました。「どうしてこんな食事をしているの?こんな食事をしているから、おじいさんは身体の具合がそんなに悪いんだ。僕が家から食べ物を持ってくるよ。心配しないでね。」と。老人は涙ぐんでカレシュワーラを見つめました。

そのとき老人はカレシュワーラにある知識を明かしました。それから老人が托鉢を三回叩くと、腐っていたはずの食べ物が湯気を上げ、小さな寺院の中に美味しそうな匂いが立ち込めました。カレシュワーラは驚きました。そして怖くなって尋ねました。「あなたは誰?どうしてこんな魔法を使うの?」

「私はシルディ・ババだ。この食事を味見してみるといい。気に入るかな?」と言って、老人はカレシュワーラの手の平に匙一杯分を装いました。それは信じられないぐらい美味しいものでした。ババは、喜んで食べるカレシュワーラの手に何杯もお代わりを装いました。カレシュワーラは満腹になったので近くの蛇口に手を洗いに行きました。ほんの2,3分間席を外しただけだったが、カレシュワーラが戻るとババはその場から居なくなっており、どこを探しても見あたりませんでした。カレシュワーラはその場所に立って360度を遠くまで見渡す事が出来ました—シルディ・ババは奇跡的に姿を消したのです―地面に残った足跡以外に何の痕跡も残さずに。でも、カレシュワーラへの贈り物は残していました。寺院の片隅に、シルディ・ババの杖が壁に立てかけられていたのです。カレシュワーラはババのこの杖を今日まで保管しています。

シルディ・ババが ‘奇跡的に’ 姿を消したことにひどく面食ったものの、カレシュワーラの胸は高鳴りました。帰宅してから、カレシュワーラは母親に一部始終を話して聞かせました。母親は話は聴いてくれたものの、「多分それはただの夢よ。ああ、お前はいつもおバカさんね。」と取り合ってくれませんでした。カレシュワーラは手を突き出して「この杖が分かる?」と言いました。決して夢ではなかったのです。

その後、カレシュワーラは夢の中でシルディ・ババに会うようになり、ババの声も聞くようになりました。「どうしてそんなに怖がるのだ?私はお前のおじいさんだよ。皆のおじいさんだ。お前は世界を叉に掛ける人間だ。世界的に活躍する人物になるのだ。」と。ババは、カレシュワーラには世界でなすべき重要なスピリチュアルな仕事があることを告げました。そしてババが生前暮らした町でババのお墓がある場所―現在、インドの最も神聖な巡礼地の一つである—シルディへカレシュワーラを招きました。

強い決意を胸に秘め、カレシュワーラはシルディへ行かせてくれるように両親に懇願しました。両親は猛反対でした。カレシュワーラは何日も両親と話し合いを重ね、その間彼はハンガー・ストライキも行いました。そして両親はついに、ババが暮らした小さな村への800マイルの旅を許してくれました。

ババの墓に跪いた時、カレシュワーラはババの声をはっきりと耳にしました。「お前のことをずっと待っていた。今こそ、その時だ。」と。それから間もなく、若きカレシュワーラは奇跡的な力と癒しの能力を発揮し始めます。シルディ・ババがカレシュワーラの神聖なチャンネルを開き、彼の真のダルマ、彼のスピリチュアルな仕事が始まったのです。それは彼が14歳のことでした。

© 2005-2017 Shirdi Sai Global Trust •  お問合せ先 •  プライバシー・ポリシー