Sri Kaleshwar

スピリチュアルな研究

幼少期のカレシュワーラ

家族と寺院を訪れた7才のカレシュワーラ
家族と寺院を訪れた7才のカレシュワーラ

1973年1月8日火曜日のちょうど夜明け前に、南インドのアンドラ・プラデシュ州にあるクッダパーのマダヴァラムという地域でカレシュワーラ・アヌパティは誕生しました。父・スバライヤドゥは高名な大学教授であり、献身的な主婦である母・スバンマはカレシュワーラとその兄、そして3人の姉妹たちをヒンドゥの伝統の下に育てました。殆ど全ての点において、彼らは典型的なインドの家族でした。彼らの真ん中の子供以外は。カレシュワーラは最初から明らかに異なっていました。

無数の奇跡が彼の周りで起こりました:寝ているカレシュワーラを見守る女神サラスワティの姿を祖父が目撃しています。

生後七年間、カレシュワーラは口をきかず、その日の栄養として一滴の水しか受け付けないこともよくありました。後にこの特異な行動の理由を尋ねられた際、彼はただ 「宇宙エネルギーを吸収していたのです。」と述べました。カレシュワーラの周りでは数々の奇跡が起きました。例えば、ある時、女神サラスワティが現れて就寝中のカレシュワーラを守護する姿を、彼の祖父が見ました。また、別の時に、その祖父は、自らが所有する農場の裏庭でぐっすり昼寝をしているカレシュワーラに、キング・コブラが鎌首をもたげて日陰を提供している光景も目撃しています。

Shilpa dancing during a school function
Shilpa dancing during a school function

偉大なヒーラーでもあった祖父と孫のカレシュワーラは特別な関係にありました。毎日、カレシュワーラはこの祖父の足をマッサージしていました。この2人だけの時間に、祖父はカレシュワーラにマントラとヤントラ(神聖な図形)についてこっそりと教えました。しばしばカレシュワーラは小さな銅版にそのヤントラを描き、それを村の病気の子供たちに配りました。村の子供たちはそのヤントラの癒しの恩恵を体験したのです。

カレシュワーラはこの祖父と共に過ごす時をとても楽しんでいました。祖父は裕福な地主であり、漁師の頭でもありました。カレシュワーラは時々祖父と漁に出て、網を引く手伝いをしました。しかし、カレシュワーラは魚を不憫に思い、可能な時はいつも掛かった魚を逃がしていました。幼少の頃でさえ、彼は万物に対する並々ならぬ慈悲の心を示していたのです。

Shilpa and Navya
Shilpa and Navya

聖者のような祖父はカレシュワーラの特別な運命を知っており、孫の人生において増え続ける神聖な出来事を受け入れていましたが、カレシュワーラの両親は非常に心配しました。スピリチュアルな大志を持つ者の人生 —絆の深い家庭生活とは無縁の犠牲と放棄の人生— は彼の両親が彼に望むものではありませんでした。両親は彼が医者か弁護士になって、父親のような地域社会の名士になることを望みました。両親にとって喜ばしいことに、10代前半の思春期のカレシュワーラは両親の夢を全て叶えていました。学校では優等生で人気者であり、神への求道には何の興味も示しませんでした。家族の心配は杞憂であるかのように思われました。ところがそこに、シルディ・ババが登場するのでした。

© 2005-2017 Shirdi Sai Global Trust •  お問合せ先 •  プライバシー・ポリシー