Sri Kaleshwar

スピリチュアルな研究

使命

シルディ・ババのサンダルとヒーリングのための杖
シルディ・ババのサンダルとヒーリングのための杖

世界中の人々がスワミ・カレシュワーラからの神聖な贈り物 —今まで何百もの奇跡が証拠と共に記録されていること、何千人もの人々が彼による癒しを体験してきたこと、今まで決して公になることがなかった知識を著書と教えを通じて明らかにしたこと、毎年世界中を旅してたくさんの人々を助け癒すのみならず、彼にもたらされたインドの神聖な知識の深さと広さについて話してきたこと— を目の当たりにしてきました。でもスワミは、自分から世の中への最も素晴らしい贈り物は何だと思うか尋ねられると、ただ「私の生徒達です。」と言います。

「全ての魂には、シルディ・ババやジーザスのレベルに到達して世の中に立派に貢献できるようになる可能性があります…それが私の金言です。」

「全ての魂には、シルディ・ババやジーザス・クライストのレベルに到達し、世の中に立派に貢献できるようになる可能性があります。」「皆できるのです。それが私の金言です。それが私の使命です。皆、等しく同じなのです。ジーザスは何と言いましたか?『私を本当に信じる者は、私よりもパワフルになる』と言いました。つまり彼の生徒全員がそうなのです。皆、等しく同じなのです。」とスワミは言います。生徒をずっと生徒や信者の状態にしておくのではなく、生徒がそのレベルに到達できるように知識を教えることがマスター(師)の義務であると彼は信じています。「生徒であり続けることは一種の奴隷状態です。」と彼は言います。自分よりも優れたパワフルなスピリチュアル・マスターを生み出すことが彼の心からの願いです。

古代の知識を世にもたらす

古代の知識を教えるスリ・カレシュワーラ
古代の知識を教えるスリ・カレシュワーラ

「マスターと生徒の唯一の違いとは、知識の差です。生徒がまだ知らないことを、マスターは知っています。もし私がマンゴーを食べながら『これはすごく美味しいよ!君も自分で味わって見なければならない。』と言うだけならそれはおかしなことです。」とスワミは言います。そして「あなたもその知識を持たなければなりません。インドの偉大なリシ達の古代の知識を現代にもたらすのは私のダルマ、私の義務です。何千年もの間、この知識は隠され、守られ、少数の人々にしか教えられてきませんでした。今こそ世界が、古代文書に書かれたパワフルなスピリチュアル・システムについての知識を受け取るべき時です。」と彼は言います。

2006/2007のソウルユニバーシティでワースツーを教える
2006/2007のソウルユニバーシティでワースツーを教える
ハンピで川を渡っているスリ・カレシュワーラ
ハンピで川を渡っているスリ・カレシュワーラ

知識は重要であり、その使い方も重要です。これは、スワミ・カレシュワーラがオープンハートで世の中にもたらした叡智です。スワミは、より多くの―さらに何百人もの―スピリチュアル・マスター育成を目指すスピリチュアル・マスターです。そして、育てられた彼らが今度はさらに沢山のマスターを育成する能力を持つでしょう。この重大な時代に、彼ら全員が、人類に悟りと癒しをもたらすべく訓練されることになるでしょう。

スワミは「現在のスピリチュアリティの状態は余りにも不適切です。多くの聖者達が真の知識を世に出さず隠し、その理由を『鶏は鶏でしかなく、鶏は孔雀にはならない。』という言い訳で正当化してきた結果、スピリチュアリティを台無しにしてきました。それは単なるエゴイズムです。」と述べています。スワミは、人は皆同じ神の子供である、と信じています。皆この知識を受け取るに値するのであり、この知識は世に与えられなければならないとスワミは心から主張しています。スワミは人々のスピリチュアル・マスターの捉え方を変えています。彼は、スピリチュアル・マスターを神と看做すのではなく、友達、兄弟、案内人、あるいは、自分の幸福を祈ってくれる大切な人と看做しなさいと言います。

また、スワミは、言う事とする事が異なるマスター達や、生徒には常に厳しい指針 ―菜食・禁酒・禁欲など― を遵守するように指導しておきながら、自分は密かにこれらのことを楽しむようなマスター達にとても強く反対しています。彼は、それは偽善であると教えています。彼は、ディクシャ(指針と制限) は、ある特定のスピリチュアルな行を行っている間に特定のエネルギーを得るために必要であり、ちょうどそれぞれの行ごとにその期間・範囲が特定されている様に、行に付随するディクシャも行ごとに特定されていると教えています。しかしながら、スワミは通常、生活形式の厳しい制限を遵守するように生徒に要求しません。スワミは、人の幸福を奪うことは犯罪であると教え、それは真のスピリチュアリティを示すものではないと主張しています。

スリ・カレシュワーラの使命は、スピリチュアリティの実践方法を変えること —皆のハートに幸福をもたらし、世の中の考え方の仕組みを変えるような新しいレベルのスピリチュアリティを全人類にもたらすことです。これこそが彼の義務であり、彼のダルマです。彼がすることは全て、この誓いを果たすためのものです。

© 2005-2017 Shirdi Sai Global Trust •  お問合せ先 •  プライバシー・ポリシー