Divine Lineage

スピリチュアルな研究

神聖な系譜

師匠のシルディ・ババにアラティを行なうスリ・<br />カレシュワーラ
師匠のシルディ・ババにアラティを行なうスリ・
カレシュワーラ

シルディババ、ジーザス、ラーマクリシュナパラマハンサ、スリ・カレシュワーラは皆、神聖な系譜に繋がっています。「神を見つけるには誰でも神聖な魂達の助けが必要です。」とスリ・カレシュワーラは言います。「どうすれば宇宙エネルギーを吸収できるのでしょうか?それは神のエネルギーと呼ばれるものです。宇宙エネルギーを吸収するのは簡単です。しかし、それは誰か神聖な人物を通してでなければなりません。私達は直接宇宙エネルギーを扱うことは出来ません。誰か神聖な人物、例えばジーザス、シルディババ、どのマ、どのババ、どのスワミ、どの聖者、どの神聖な魂でも良いです。彼らを通すのです。まず最初にこちらが彼らのエネルギーを受け取り、味わう事が出来なければなりません。あなたが彼らのエネルギーを味わう準備ができた時、彼らのエネルギーがあなたを宇宙に繋げてくれます。マスターの愛を味わうことなしに、聖者の愛を味わうことなしに、いずれかの伝統に基づいた強い魂をもつ者の愛を味わうことなしに…、その人から愛を得られず、その人からエネルギーを受け取れなければ…、そういう人達に対してあなたの心が閉じているなら…、チャンスはありません。あなたは宇宙エネルギーも吸収出来ないし、宇宙に繋がることも出来ないでしょう。自然の創造と繋がる事も出来ません。私達が理解しなければならないのは、神の壮大な創造の中では、私達は小さな、小さな、豆粒に過ぎないということです。」

シルディ・ババ (    -1918)

グルの日の早朝にとり行なわれる シルディ・<br />ババのアビシェーク
グルの日の早朝にとり行なわれる シルディ・
ババのアビシェーク

シルディ・ババは乞食として一生を過ごし、シルディという小さな田舎町の村人から施しを受けて生活しました。ババの本当のスピリチュアルな資質は、彼の素朴な外見によって覆い隠されていました。ババが人生の殆どを過ごした荒廃したモスクには暑さや雨を遮るものもなく、問題や苦しみを取除いてもらうために押し寄せる人々から身を隠すことも出来ませんでした。望めば王様の様な生活ができたのに、ババは乞食として生きることを選択しました。訪れる信者達から何百万ルピーを受け取っても、ババはそれを全て貧しい人々に施し、1日の終わりにはまた一文無しになっていました。

ババはシバの化身でした。そして超自然的な至高の力を備えた稀有なヨギでした。ババのヨギとしての偉業に限りはありません。水を油に変え、同時に複数の場所に出現し、数え切れない程の信者を命の危険から救いました。そして最後には自己犠牲の究極の行為として、愛する弟子の命を救う為に自らの命を捧げました。ババはその生涯を通して数多くの奇跡を行いました。この現象は今日でも続いています。

人間は皆一つです。私達の宗教は人間性です。
シルディ・ババ

ババへの信仰心は、世界中の様々な信仰を持つ人達の間で急速に広がっています。ババの生涯は、全ての宗教が一つであること、私達が本質的には一つであるということを体現したものでした。ババはモスクを住居としていましたが、そこではヒンドゥ教の祈りや儀式が行われていました。人々はババがイスラム教なのかヒンドゥ教なのか悩みました。スリ・カレシュワーラはこう言います。「その人々に対してババは『人間は皆一つです。私達の宗教は人間性です。』と言いました。ババは自分はイスラム教でもヒンドゥ教でもないと言いました。ババは全てでした。どんな人が助けを求めても、ババは守ってくれます。ババに真に従う者に恐怖が訪れることはありません。恐怖と無縁でいられます。何が起きても彼らは『それで良いです、結構です、素晴らしいです。』と、とても幸福です。そんな風に完全にサレンダー (全託)しているのです。」

シルディ・ババは肉体を去る前、世に約束しました。「信心を持って私に助けを求めるなら、私は必ずそれに応えよう。」「私に頼る者を、私は決して見捨てない」と。

ジーザス(イエス・キリスト)

日の出の太陽に照らされるアシュラムのジーザス像
日の出の太陽に照らされるアシュラムのジーザス像

スリ・カレシュワーラはこう言います。「ジーザスは巨大な愛を持つ人です。その愛は途方もないものです。あなたが自分の心に炎、愛の炎を灯し、それを毎日毎日育てれば、どんどん大きく巨大になっていくでしょう。その炎が巨大になり始めた時、あなたはジーザスにとてもとても簡単に命令できるでしょう。支配するように、意志の力でジーザスに命令することはできません。そのようなことは決してできません。愛だけで彼を引き付けなければなりません。どんなマントラも、どんなヤントラも、彼の前では役に立ちません。あなたのオープンハートと愛のみで彼を引き付けなければなりません。『どうかお願いです』と。

私があなた達を愛したように、あなた達も互いに愛し合いなさい。
ジーザス

ジーザスは死の瞬間まで信じられない程の力を持っていました。彼は神だと言えます。しかし彼は自分が神だとは決して言いませんでした。彼は驚くようなことが出来ましたが、その力を自分の為に使う事は決してありませんでした。いつも他人の事を考えていました。「どうすれば彼を助けられるだろうか?」「何が彼の為になるだろうか?」と。その口から他人の悪口が出ることは絶対になく、誰かに怒鳴られてもただ微笑み返していました。相手をただ愛し、どんなエネルギーを投げつけられても、ただそれを受け入れていました。」

「ジーザスは神の力を知っていました。その同じ神が彼に試練を与えました。しかしジーザスは神に命令したりしませんでした。ジーザスは人々に対して怒ることもなく、自分の力を身勝手に使ったりしませんでした。ただ心を開き、微笑み、受け入れていました。だからこそ彼はこの宇宙で最高の、最もパワフルなマスターになったのです。ジーザスのようにサレンダー(全託)し、犠牲を払ったマスターは他にはいません。ジーザスはインドに来ました。まだとても若い頃に、 神について研究するためにインドに来ました。インドのほとんど全域を旅して回りました。研究したというのは、インドの数多くの様々な聖者たちと話をしたということです。そして最終的に彼は、インドで力を得ました。」

ラーマクリシュナ・パラマハンサ(1836-1886)

偉大な聖者ラーマクリシュナ・パラマハンサの公式な肖像画
偉大な聖者ラーマクリシュナ・パラマハンサの公式な肖像画

ラーマクリシュナ・パラマハンサはインドで最も愛されている聖者の一人です。世の中への彼のメッセージは、全ての宗教は本質的に一つであるということでした。彼は個人的に世の中の様々なスピリチュアルな伝統の修行方法を行ないました。それらの修行方法の成果を経験した後、彼が最終的に言ったのは「全ての宗教は同じ目標に至る」ということでした。

全ての宗教は同じ目標に至る
ラーマクリシュナ・パラマハンサ

彼は人生をマザーディバイン、マハ・カーリーに対して捧げました。スリ・カレシュワーラは「ラーマクリシュナは何年もの間マザーを見たいと切望していました」 と言います。しかし、スピリチュアルな修行をいくら積んでも彼はその体験を得ることが出来ませんでした。彼はマザーを見たいという願いが叶えられないので自殺寸前にまで自分を追い込みました。すると終に、ある女性の聖者がこの系譜の修行方法を彼に伝授し、それを通じて彼は自分のとても深いスピリチュアルな願いを叶えることが出来ました。彼はマザーと直接の体験を得て、その後、毎日彼女を見ました。彼がマザーを見たり理解するために用いた修行方法は、現在ペヌコンダでスリ・カレシュワーラが教えている修行方法です。彼は、本当のスピリチュアルな道は、神を直接体験させてくれなければならないと言います。自分の両眼では見ることの出来ないものを見なければならないのです。これが神聖な系譜によって明かされた修行方法の目標です。

ラマナ・マハリシ(1879-1950)

ラマナ・マハリシ
ラマナ・マハリシ

16歳の時、ラマナ・マハリシは死の性質を経験した後、スピリチュアリティに深く目覚めました。この後、彼は家と家族を置いて、南インドの聖なる山アルナチャラへ引き籠りました。

沈黙というのは絶えず話しているということです。それは言語が絶えることなく流れているということです。そして、それは声を発することによって遮られます。声を発して言う言葉はその無言の言語を遮るのです。
ラマナ・マハリシ

ここで彼は終生を過ごしました。彼の唯一の持ち物は衣1枚と歩く時の杖だけでした。少しずつ“アルナチャラの聖人”の噂が広がり、多くの人が来て彼と共に座りました。彼は滅多に喋りませんでした。しかし時折質問に答えることがありました。彼は「静かにして私が神だと知りなさい。」と言いましたが、それは何か他の事を示唆して言ったのではありませんでした。 沈黙は神-現在・過去・未来の全て-を知り、意識の上で神と一体となるのに不可欠だ、というのが彼の考えでした。

スリ・カレシュワーラはラマナ・マハリシ、ラーマクリシュナ・パラマハンサとユニークな関係にあります。これらの3人は魂の兄弟であり、数え切れない生涯の間中ずっとお互いの仕事を支え合ってきた、と彼は言います。

© 2005-2017 Shirdi Sai Global Trust •  お問合せ先 •  プライバシー・ポリシー